【重要】リハビリの違いについて知って頂きたいこと | 尼崎市で脳梗塞・脳出血の後遺症改善を目指す脳梗塞リハビリステーションPROGRESS

【重要】リハビリの違いについて知って頂きたいこと | 尼崎市で脳梗塞・脳出血の後遺症改善を目指す脳梗塞リハビリステーションPROGRESS

お知らせ

【重要】リハビリの違いについて知って頂きたいこと

2020/08/30

お知らせ

保険と自費の比較

ホームページをご覧いただいている方の多くは、脳の障害をお持ちだと思います。

病気になる前とは身体、生活面で大きく変わったと実感されているかもしれません。

 

この施設は脳の障害専門のリハビリセンターです。

病院や介護施設とは違い、保険が使えない、自費のリハビリセンターです。

なぜ、リハビリを自費で行っているのか、それには理由があります。

まずはこちらをご覧ください。

 

保険と自費の比較

 

なぜ、リハビリを自費で行うのか、

それは「希望を達成するまで、納得できるまでリハビリをする」に尽きます。

「身体が良くなった」、「生活が楽になった」だけではありません。

本人や家族の方が納得するまでというのを大事にしています。

 

利用している方から頂く声です。

「病院は入院できる期間が決まっているし、デイや訪問では物足りない・・・」

 

保険制度でできることは残念ながら決まっています。

病院で行うリハビリの目標は約3ヶ月後の「退院」。

デイサービスや訪問リハビリは退院後の機能・生活の「維持」。

そして、この施設は本人や家族が保険制度内のリハビリだけでは納得できない、満足できない方が来ています。

 

自費でリハビリすると効果が出るのか?

気になるところだと思いますが、実際の効果も出ています。

理由は、先ほどご紹介した通り病院や介護サービスと異なるリハビリを行うためです。

一言にするなら「オーダーメイド」

ヒアリングを基に1人1人設定した目標に向かうオーダーメイドのプログラムです。

 

このブログを書いたのは皆さんに知ってほしいことがあるからです。

それは「保険制度と受けられるリハビリの違い」です。

一昔前より「リハビリ」という言葉を知っている方は増えたと思いますが、受ける場所・人によって目的・内容が異なることを知らない方が多いです。

 

ここで、リハビリ希望者さんからいただく生の声をご紹介します。

「病院でやってきたリハビリとは全然違う」

「デイや訪問よりリハビリの時間が長い」

「専門のスタッフや機械があって、良くなっている実感が持てる」

「整骨院やマッサージ店と違って力がついたのがわかる」

などお褒めの言葉をいただきます。

 

私達が思う・感じる違いは、細かくするとこうなります。

専門性(脳梗塞など脳障害者へのリハビリ経験・知識が豊富)

時間(1回当たりの時間が長く、細かいところもみれる)

担当者(同じ理学療法士という資格者の中でもエース級のスタッフのみ担当)

目的(本人・家族の希望を叶えることを徹底)

 

もし、今受けられているリハビリに少しでも満足していないのであればご連絡ください。

見た目では同じようなことも、実はこれまでと違った感覚・効果が得られると好評です。

まずは体験利用の中で見て・受けて・感じて欲しいと思います。

 

 

理学療法士・鍼灸師一同