パーキンソン病のリハビリ|ここでなら続けられると思えた | 尼崎市で脳梗塞・脳出血の後遺症改善を目指す脳梗塞リハビリステーションPROGRESS

パーキンソン病のリハビリ|ここでなら続けられると思えた | 尼崎市で脳梗塞・脳出血の後遺症改善を目指す脳梗塞リハビリステーションPROGRESS

お知らせ

パーキンソン病のリハビリ|ここでなら続けられると思えた

2020/11/06

ご利用者さま紹介

パーキンソン病のリハビリ

パーキンソン病でお悩みの方、ご家族様へ

 

パーキンソン病は進行性の病気として、体の動きが鈍くなる、固くなる、バランスが悪くなる、など様々な症状が出てきます。

薬、手術、リハビリなど病院で治療を行いながら生活されている方も多く、厚生労働省の発表によりますと日本で約16万人が罹っている病気です。

 

パーキンソン病の症状や詳細についてはこちらをご参考ください。

ここをクリック

 

 

パーキンソン病の方への実際のリハビリ(インタビューも掲載)

亀井整形外科医院のグループ施設として尼崎市の方々を中心に後遺症を抱える方へ専門的なリハビリを行っている当施設ですが、パーキンソン病のリハビリについてもたくさんのご相談をいただきます。

その中でよく聞かれるお悩みが、「発症からの経過が長いけど良くなるのか?」「リハビリの効果はあるのか?」というものです。

”難病”とされるパーキンソン病は、症状が年々進んでいくため進行を遅らせる、あるいは落ちた機能を回復するための運動が必要です。当施設ではリハビリによって身体機能面だけではなく、実際の生活に至るまでサポートしています。

 

以下、実際に当施設をご利用されているパーキンソン病の方のリハビリをご紹介します。

約20年前にパーキンソン病と診断された方です。現在では当施設でのリハビリを通じて車椅子が欠かせなかった状態から、ひとりで移動ができるまで改善された方です。

 

お姉さまにご紹介をいただいて、当施設にお越し頂きました。

『パーキンソン病の経過が長くても、症状が進んでいてもリハビリで良くなることがあることを知ってほしい』という想いから、ご本人とお姉さまににインタビューのご協力をいただいております。同じ思いを抱えていらっしゃる方のお力になりましたら幸いです。

 

 

●ご利用者様

50歳代男性

20年前にパーキンソン病と診断され、3年前からコンパートメント症候群を合併。

 

●パーキンソン病と診断されてから

パーキンソン病と診断されたものの、当時は薬が良く効いていて、これまでの生活が大きく変わることはなく、医師としての忙しい日々を過ごしていました。ただ、徐々に薬の効きも悪くなってきて日常生活にも影響がでるようになっていきました。

 

 

●転倒事故から車椅子が欠かせないように、、

3年前くらいに事故で倒れてしまって、その後すぐに入院することにはなったのですが、左腕を下敷きにしてしばらくそのままの状態でいたので、コンパートメント症候群を合併してしまったんです。

その後、今年の初めに2回目の事故を起こしてしまって、、いよいよ車椅子がないと移動が難しくなってしまいました。自力でなんとか移動できないかと努力しましたが敵いませんでした。

 

 

●脳梗塞リハビリステーションPROGRESSとの出会い

まずは介助が必要になったので、姉の知り合いの医師である亀井先生(亀井グループ院長)が運営しているサ高住にお世話になることになりました。その後、後遺症に特化したリハビリ施設も運営していることを知って、信頼もありましたし、まずは体験だけでも受けてみようと思いました。

 

 

●リハビリをしていくことで起きた変化と効果

通い始めてパーキンソン病の特徴的な姿勢が完全に良くなっているわけではありません。それでも、最近では同じ介護施設の仲間に「姿勢が綺麗になったよね!」と言われることも増え、自分でも実感が持てるので嬉しく思っています。

 

 

●病院や介護保険サービスのリハビリとの違い

やっぱり、自分の希望を担当の方がしっかりと聞いてリハビリに取り入れてくれることですね。病院や介護施設では制限が大きくてなかなか思うようなリハビリは受けられなかったので。今担当してくれている信頼できるスタッフに出会えたことが一番良かったと思っていますし、今後も安心して続けられそうです。

 

最後に、

自分自身身体が良くなっている実感があって、通い始めてよかったと思っています。もっとリハビリを受けたいと思っている方がいるのであれば、体験だけでも受けてみてはと思います。

 

※インタビューは2020年10月時点での内容になります。

 

 

【リハビリ動画】

当施設で行ったリハビリの様子を1分の動画でご覧いただけます。

鍼灸やピラティスを取り入れたリハビリをご覧ください。

パーキンソン病の特徴的な歩き方の変化に注目です。

リハビリ動画を確認する(ここをクリックします)

 

 

【事例紹介パンフレットのご案内】

今回ご紹介致しましたご利用者様のインタビュー記事をお読み頂くことができます。

▼詳しくはこちらです▼

ここをクリック

 

 

 

 

パーキンソン病の症状や詳細についてはこちらをご参考ください。

ここをクリック

 

 

ご病気や進行について、

些細なことでもまずは医師、理学療法士など専門の方にご相談ください。

 


 

脳梗塞リハビリステーション PROGRESS

「2020年日本が誇るビジネス大賞」掲載施設(ここをクリック

 

住所 : 571-0015

     兵庫県尼崎市塚口町4丁目29-2

    (メディカルヘルススタジオ内)

 

電話番号 : 0120-35-3455(転送:080-6153-8520)

 

FAX   : 06-6439-6947

 

メールアドレス : kamei.orthopedic@gmail.com