改善事例】歩行が良くなり2ヶ月で800m先の友人宅に行けた70代の男性 | 尼崎市で脳梗塞・脳出血の後遺症改善を目指す脳梗塞リハビリステーションPROGRESS

改善事例】歩行が良くなり2ヶ月で800m先の友人宅に行けた70代の男性 | 尼崎市で脳梗塞・脳出血の後遺症改善を目指す脳梗塞リハビリステーションPROGRESS

お知らせ

改善事例】歩行が良くなり2ヶ月で800m先の友人宅に行けた70代の男性

2019/07/17

ご利用者さま紹介

こんにちは

 

脳梗塞リハビリステーション尼崎・西宮の理学療法士の寺西です。

 

本日は当施設に通われて改善を実感された方をご紹介します。

 

 

~症例紹介~

 

疾患名 : 脳梗塞

 

目標 : 「800m先にある友達の家まで歩いていく。」

 

リハビリ頻度 : 週2回(1回2時間)

 

 

 

約2ヵ月で上記目標は達成いたしました。

 

 

 

~リハビリ内容~

 

脳梗塞の後遺症による、足底の感覚低下があり、

歩行時の下肢での踏ん張りが低下。

 

 

【鍼灸】

・足底の刺激を実施し、感覚入力を行う。

・足首の固さに足してストレッチ。

 

 

【理学療法士】

・足部の筋力トレーニング

・歩行動作の蹴りだし動作の練習

・左右へのバランス練習

・歩行動作練習

 

上記を中心に実施しました。

 

 

 

~多くの声~

 

多くの利用者様から「歩くこと」に対してお悩みを耳にします。

 

同様に悩まれている方に少しでも参考になれば幸いです。

 

 

 

~お知らせ~

 

今回、期間限定でリハビリの体験を無料で行っております。

 

ご興味がある方はご連絡をお待ちしております。

 

 

電話番号 : 0120-35-3455

 

動画URL : https://youtu.be/hqVSZgMA1RE