自費リハビリってなに? | 尼崎市で脳梗塞・脳出血の後遺症改善を目指す脳梗塞リハビリステーションPROGRESS

自費リハビリってなに? | 尼崎市で脳梗塞・脳出血の後遺症改善を目指す脳梗塞リハビリステーションPROGRESS

お知らせ

自費リハビリってなに?

2019/08/21

お知らせ

こんにちは。

脳梗塞リハビリステーション尼崎・西宮の寺西です。

 

 

 

「自費リハビリってなに?」とよく耳にします。

 

脳梗塞や脳出血など突然の病気などで入院し

リハビリを行える期間は入院から

150日(最大180日)となっています。

 

これは厚生労働省が定めている規定であり、

どうしようもありません

 

 

入院中は一日に2~3時間ほどのリハビリがあります。

 

 

しかし、退院後、自宅に帰るとリハビリがなく


 
「病院ではできていたのに.......」

「退院後、身体が動きにくくなった」
「家に戻ったらできると思っていたことが思うようにできない」

 

 

などと、お悩みを抱える方を多くお見掛けします。

 

 

 

麻痺などの症状が残った状態での生活は

いろいろな予想外なことが起きてきます。
 

たくさんの悩みとなっていきます。

 

 

 

 

現在の制度では入院期間は短く、自宅に戻ってからも

満足できるようなリハビリサービスを受けにくい環境にあります。

 

○病気の発症早期は回復速度も早くトレーニング効果は

でやすいでしょう。しかし、徐々に月日が流れるにつれ

トレーニングの効果は実感しにくくなります。

 

○公共施設などバリアフリー化は進んでいますが運動施設では

麻痺の方に対してのトレーニングは得意ではないと思います。

 

 

 

 

 

これらより、

「運動した方がいいと言われるけど、場所がない」

「病院で教えて貰った事をしているがが変化がない」

 

などとなります。

 

 

私たちが提供しているリハビリは

皆様のお悩みを少しでも解消できるように

満足いくまでリハビリを受けることができる環境を

提供させていただいています。

 

皆様個々の身体状況や目標に向け、スタッフ一同

日々、勉強と努力を怠りません。

 

この私たちが提供しているサービスが

自費でのリハビリサービスとなります。

 

 

 

 

もし、少しでも悩まれている方はご相談に乗りますので

いつでもお気軽にお電話ください。

 

 

よろしくお願いいたします。