90歳でも落ちた筋力・体力を取り戻す! | 尼崎市で脳梗塞・脳出血の後遺症改善を目指す脳梗塞リハビリステーションPROGRESS

90歳でも落ちた筋力・体力を取り戻す! | 尼崎市で脳梗塞・脳出血の後遺症改善を目指す脳梗塞リハビリステーションPROGRESS

お知らせ

90歳でも落ちた筋力・体力を取り戻す!

2021/03/01

ご利用者さま紹介

リハビリ画像

明けましておめでとうございます。

理学療法士の北井です。

 

 

2020年は新型コロナウイルスによって生活が一変しましたね。

当施設は尼崎市の北部に位置しますが、尼崎以外にも近隣の市にお住まいの方に利用していただいています。

脳梗塞やパーキンソン病の方専門のため、リハビリテーション病院を退院した後に利用をされる方も多いですが、最近はマンツーマンでリハビリをしていることが利用のきっかけだと言われることが増えています。

 

 

今回ご紹介する利用者様は90歳代の方です。

脳の損傷によって負った後遺症もありますが、自粛期間や運動不足によって筋力・体力が低下していました。

 

 

リハビリを始める前は歩行中にふらついてしまうこともありましたが、現在は杖がなくても恐怖心がなく外も歩けるようになっています。

(安全を考慮して杖を使うことを薦めています)

歩行練習

 

なぜ、当施設を利用することにされたのか、利用してみてどう感じるかを娘様にインタビューさせて頂きました。

マンツーマンでリハビリを受けたい方、高齢だけど改善の見込みがあるか不安な方にお読みいただきたい内容です。

 

 

Q1.ご病気になる前はどのような生活をされていましたか?

(娘様)90歳で難聴はありましたが困ったことは特にありませんでした。

毎日の日課である塚口駅まで新聞を買いに行くことも出来ていました。

 

 

Q2.発症してからはどのような生活に変わりましたか?苦労などはありましたか?

(娘様)家からの最寄り駅(塚口駅)前で、令和1年8月に後ろ向きで転倒してしまい急性硬膜下出血になりました。

病院では1日に1時間マッサージと、2時間はリハビリがあったので、それにより足のむくみも減っていました。

約4か月後の11月に自宅へと退院しましたが、日課となっていた自宅から塚口駅まで歩いている時に3回程転倒して顔面打撲・擦傷も負いました。

今年の1月からスポーツジムに週1回、デイサービス週3回通うようになりましたが、徐々に下半身の筋力が落ちて来て歩くのが不安定になりました。

日課だった塚口駅までの移動もできなくなってましたね。

 

日常でも徐々に「あれ?」と思うような変なことばかりするようになりました。

(洗濯物を何度も回し濡れたまま放置するので、夕方にはカピカピに!それを大量に行い洗濯した綺麗な衣類も引っ張り出し洗濯していた。)

 

 

Q3.当施設でリハビリをしようと思われたきっかけは何でしょうか?

(娘様)横のピラティススタジオに通っている時にリハビリもやっていることを知り、マンツーマンで行ってもらえるし、デイサービスなどカラオケ・入浴、ジムの機械運動だけではなくマッサージやリハビリがあるために利用しようと思いました。

 

 

Q4.当施設でリハビリを受けていただいてどのような変化を感じてますか?

(娘様)徐々に頭がしっかりしてきたように思います。

(「あれ?」というような変な行動が無くなり、洗濯物も干せるようになっている)

最近も自宅から塚口駅まで行って、宝くじやたこ焼きを購入して帰宅してきました。

約1時間休むことなく歩くことができましたね。

ただ、かなり疲れたようで帰宅してからは、歩けなくなってましたね。

そのまま座り込んでお酒を嗜んでいました(笑)。

 

 

Q5.今までの介護保険のリハビリと比べると違いはいかがですか?

(娘様)デイサービスではカラオケや入浴のサービスが中心で、ずっと座っているばかりでリハビリとは違います。

スポーツジムは集団で鍛えるのみで動きの改善にはなりません。

ここの施設は専門家がパーソナルで行ってくれるため、しっかりと父の状態を把握して行ってもらえるから動きが改善してきています。

 

 

Q6.当施設をお困りの方に紹介したいと思われますか?

(娘様)70歳の方と食事をすることがあった際に「お尻の筋力が減ってきた」と仰っていました。

何かあってからのリハビリやトレーニングではなく予防という観点で早めにトレーニングをする方がいいと思います。

 

インタビューへのご協力、誠をありがとうございました。

 

担当の理学療法士として、来られた時に比べて歩行以外でも改善点がありますのでお知らせします。

歩行時(右足を振り出す際)につま先が床に擦らなくなったため、室内でもスリッパが脱げそうになることが減っています。今の時期には大事なことだと思います。

外でもつまづきが減っているので、安定・安全に歩けるようになっていますね。
トイレでズボンなど下衣の着脱時間が速くなっているので、お一人で行くのも安心です。

 

 

 

このようなお悩みありませんか??

●自粛期間で筋力・体力が落ちてしまった

●マンツーマンでしっかり改善するリハビリを受けたい

●病院ではもう良くならないと言われたけど諦めたくない

●痺れや痛みを鍼で改善してほしい

●他施設でリハビリをしていたけど良くならない

 

 

 

このようなことでお悩みの方、まずは脳梗塞リハビリステーションPROGRESSまでご相談ください。

【リハビリ相談室】設置のお知らせ